ウェブデザイナーというお仕事

IT業界で働くデザイナーの仕事は、主にホームページの企画・制作・運用です。デザインだけでなく実用的な面も考えて制作します。
資格としては、ウェブデザイナー検定という文部科学省認定の公的資格があります。資格にはベーシックとエキスパートの2つがあり、ベーシックはウェブページの企画、制作、デザインに関する基本的な知識を問うもので、エキスパートはコンセプトや納期など、ある一定の条件に合わせたホームページの制作が出来る応用力を試されます。

独学でウェブデザイナーになるのも可能です。しかし、今はウェブデザイナーの人口も増えてきたので、当然実力がなければ仕事はありません。基礎などをきっちり身につけたいと考える人は専門学校に行って学ぶのがいいと思います。
働く形態としては、企業に入って仕事をするか、個人のフリーランスとして仕事を受注するかの2通りがあります。

企業に入れば福利厚生や安定しているという面は恵まれています。しかし人間関係やある程度規則に縛られることもあり、合わない人もいると思います。自分で仕事を選べるわけではないので、やりたいことと一致しない場合や、納期なども厳しいことがあります。
フリーランスで働く場合は、自分で仕事を選べるため、自分のやりたいことや価格設定も出来ます。しかし実力がなければ仕事はありませんから、スキルアップの努力も必要です。

自分に合った働き方がありますから、そこで実力を発揮できるように見極めていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です